ココナッツオイルの美味しい食べ方。休日の簡単健康朝食♪

ココナッツオイルは効果効能がすばらしく、ダイエットにも健康にもいいオイルなので、使っている方がとても多いですよね。私も買ってから試行錯誤して、いかにココナッツオイルを癖なく美味しく簡単に食べれるか研究中。

ココナッツオイルは味の癖があるので、私はおかず系の料理に使うのはあまり好きではありません。スイーツ系のほうがやっぱり相性いいな、と思います。

最近はゆっくりできる日の朝食に使っています。超簡単で美味しいです。

簡単すぎて作り方というほどのものはありません(汗)がご紹介しますね。




材料と作り方


■材料
ココナッツオイル、パン、リンゴ、ナッツ(無塩)、ドライプルーン、はちみつ又はメープルシロップ、シナモン

■作り方
フライパンにココナッツオイルを置いて(ちょっと多めに)、火にかけます。そこに皮をむいて切ったリンゴとパンを入れて焼きます。
両面に焼き色が着いたらお皿に盛り付けます。
パンの上に砕いたナッツをのせて、はちみつやメイプルシロップをかけて少し甘味をプラスします。苦手でなければシナモンをかけるとさらに美味しいです。
お好みでドライフルーツも一緒に食べるとバランスアップします。


ココナッツオイルでパンをフライパンで焼くと、外がカリッとして美味しいです。焼いたリンゴとパンを一緒に食べるとシナモンの風味も混ざってスイーツ感覚でいただけます。おやつにもいいですよ!

ココナッツオイルはレインフォレストハーブ  オーガニックバージンココナッツオイルを使っています。有機栽培されたココナッツの果肉を低温圧搾して作られているものです。

ココナッツオイルは約60%が消化吸収のよい中鎖脂肪酸です。通常は、余分な脂肪を摂ると体内に溜まっていきますが、中鎖脂肪酸はすぐにエネルギーとなり蓄積されにくく、代謝をサポートしてくれるという嬉しい効果があります。

そして、中鎖脂肪酸は人間のエネルギーの源「ケトン体」を作り出すことができ、ケトン体による脂肪燃焼効果や、トコトリエノールという成分による抗炎症作用、抗酸化作用も期待できます。

美容と健康に抜群にいいオイル♪


気温が低いと凝固しているのですが、温度があがると液状のオイルになります。冬は白く固まり、夏はオイル状です。

ココナッツオイルを美味しく簡単に食べられる朝食、よかったら試してみてくださいね。

今日もお読みいただいてありがとうございました。

ゆる美活でアンチエイジング

★Yuuru★

ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ 
いつも応援クリックしてくださる皆様、本当にありがとうございます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket