冬気になる日焼け止めの乾燥。簡単に保湿力をアップする方法

365日UVケアを意識するのようになったのは、20代に差し掛かった頃から。

長年続けているので、日焼け止めまで塗ることが朝のスキンケアとして習慣となっています。

あまり太陽に当たらない、外出しない、という日も油断大敵。室内にも紫外線は入り込んできます。


忘れず日焼け止めに手が伸びるのは、365日UVケアを絶対忘れてはいけないと、脳に刷り込まれているのかも。

そんなUVケアですが、冬になって湿度が低くなってくると、いつも使っている日焼け止めで乾燥してくる、なんていう会話がよく出るようになります。

他の日焼け止めに買い換える前に、簡単に保湿力をアップする方法があるので、ぜひ試してみてください!




簡単に日焼け止めの保湿力をアップする方法

用意するのはお手持ちの乳液です^^

いつもの日焼け止めに、乳液をよく混ぜて使ってみてください。

指でくるくる混ぜれば、きれいに混ざります。

顔に塗る時はお肌にスタンプを押すように満遍なく優しく広げて、最後に手で覆い、温めながら落ち着かせます。

日焼け止めを塗る前にいつものスキンケアをするので、乳液は2回使うことになります。

乳液と混ぜる方法は、昔見たテレビで美容家の佐伯チズさんもおすすめされていましたよ。

私はボディに日焼け止めを塗る時も、日焼け止めとボディクリームを混ぜて塗っています。

広範囲に広げやすく、保湿がばっちりできて、さらに時短になるので、ぜひぜひやってみてください。

今日もお読みいただいてありがとうございました。

ゆる美活でアンチエイジング

★Yuuru★

ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ 
いつも応援クリックしてくださる皆様、本当にありがとうございます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket