鼻の角栓ケアはオリーブオイルで。小鼻と頬の毛穴の開きとざらつき解消。

yurubikatsu-nose

剥がすタイプの毛穴パックは絶対にしません。

角栓を無理に剥がしたり引き抜いたりすると、毛穴が開いてそこに再び角栓が詰まります。

また気になって、剥がす毛穴パックを繰り返す。

そうすると毛穴は徐々に開いていき、いちご鼻やブラックヘッドの原因にもなります。

開いてしまった毛穴を自力で戻すのは大変なことで、最後はレーザーに頼らなくてはならなくなる可能性もあります。

毛穴を今より開かせないために、優しいケアで毛穴を綺麗にしたいですよね。

私はオリーブオイルを使って、気になる小鼻の角栓と頰の毛穴ケアをしています。

oliveoil

オリーブオイルを気になる部分になじませて、角栓を溶かして洗い流すという方法。

番組自体が終わってしまったのですが、何年前だったか(?)「はなまるマーケット」で紹介されていました。マイクロスコープでビフォーアフターを映し、角栓や毛穴の汚れが見事に取れていたのが今でも印象に残っています。

それからずっと、はなまるの方法に美容雑誌等を読んで得た方法を加え、オリーブオイルでのケアを続けています。

用意するもの

スチーマー(又はタオル) オリーブオイル 洗顔料や洗顔石鹸(あれば洗顔泡立てネット) 収れん化粧水

具体的なケア方法

スチーマー(又はレンジでチンしたホットタオル)で毛穴を開かせる

オリーブオイルを気になる部分になじませる(ティースプーンに1杯弱程)

こすらずクルクル上下に指を動かす

ティッシュでオイルを抑える

洗顔料でもこもこの泡を立てる

オリーブオイルを塗った部分に泡をのせ、泡を動かすように洗う

ぬるま湯で洗顔

収れん化粧水で毛穴を閉じる

ケアのポイント

ポイント1)必ずスチーマーやホットタオルで肌を温めて毛穴を開かせてからオリーブオイルを塗る。

ポイント2)オリーブオイルをクルクルするときは、薬指がオススメ。薬指は圧がかかりにくく、肌への負担を軽減させられます。

ポイント3)ティッシュでオリーブオイルを抑えた後、顔を濡らすことなく、すぐに泡で洗顔すること。

ポイント4)できるだけキメの細かいもこもこの泡を作って洗顔。洗顔の泡立てネットを使うのがオススメ。

ポイント5)毛穴が開いたままになってしまうので、必ず最後に収れん化粧水で毛穴を引き締める。

全部の工程、こすらず、優しく。

オリーブオイルでの毛穴ケアは、日頃の肌の触り心地で判断していて、鼻の毛穴のざらつきを感じたらだいたい角栓が気になる頃なので、「やらなきゃ!」となります。

収れん化粧水がすぐにない方は、保冷剤を冷蔵庫に入れて冷やしたものを当てて冷やしてもいいと思います。

これは君島十和子さんが以前紹介されていたのですが、冷凍庫で凍らせた保冷剤を肌に当てると冷たすぎになるので、冷蔵庫で冷やしたものを使って毛穴を引き締めていらっしゃいましたよ。

私も収れん化粧水を切らした時はその方法で冷やして引き締めています。日焼けしたあとのクールダウンにもオススメです。

オリーブオイルの毛穴ケアをしたあとはお肌のざらつきが解消され、なめらかな触り心地になります。

オリーブオイルは家にある食用のエキストラバージン。お肌のケアの時にはキッチンから拝借です。経済的♪

毛穴レス肌への道は、本当に険しいですよね、、、。

地道なケアを頑張りましょう!

↓パナソニックのスチーマーを愛用中。一度使ったらスチーマーの心地よさの虜になります。

↓@コスメ上位の収れん化粧水。香りも良くてコスパ抜群です。

↓しっかりしたネットで泡立ちが違います。

今日もお読みいただいてありがとうございました。

ゆる美活でアンチエイジング
★Yuuru★

↓ランキングに参加しています。応援ポチしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

あなたにおすすめのトピック